もみあげを薄くするならサロンの光脱毛がオススメ!

もみあげ薄くするのにOKなサロン脱毛

 

もみあげを薄くしたいという場合の脱毛方法として、サロンの光脱毛は近年多くの人に利用されるようになってきました。

 

なぜなら、サロンの光脱毛は毛を生えにくくすることで、量を減らすのに最適な方法だからです。

 

全身脱毛を専門に行っているサロンもありますが、部位脱毛でも受けることができるサロンもあり、もみあげだけの利用も可能です。
部位が狭い分だけリーズナブルな料金で利用ができるのも魅力の一つです。

 

時間はかかるけど肌にやさしい方法

サロンの光脱毛は、一回受けただけでは効果を実感できるものではありません。
二ヶ月から三ヶ月に一度のペースで二年ほど通う必要があるのですが、肌にもやさしい光が使用されていることから光を照射した時の痛みも少ないので安心です。

 

サロンの光脱毛は薄くするのに最適!

サロンの光脱毛は効果がマイルドであるため、徐々に効果を発揮することになります。
太くて濃いもみあげを自然な薄さに仕上げたいという場合には、ゆっくりと薄くしやすいので状態を見ながら進めることができます

都度払いとまとめ払いができます

一回ごとの都度払いであれば、自分のペースでもみあげの状態を確認しながら追加で利用していけばいいのですが、まとめてお得な回数制プランが用意されているサロンもあります。

 

少なくとも数回の施術は受ける必要があるので、少ない回数のプランでも申し込んでおくと、結果的には割安料金で利用ができることになります。

回数の相談は無料カウンセリングで!

サロンのスタッフに、今の自分のもみあげの毛の量をチェックしてもらい、どのくらいの薄さにしたいのかという希望を伝えることによって、自分にとってベストな回数のアドバイスをもらうこともできます。

 

サロンへの相談(カウンセリング)は無料でできます。
勧誘を心配されるかもしれませんが、勧誘なしの優良サロンを選べばしっかり相談することができますよ!

 

もみあげ脱毛を薄くするのにおすすめのサロン

ここに商品名を入力

ここに説明文を入力ここに説明文を入力ここに説明文を入力ここに説明文を入力ここに説明文を入力ここに説明文を入力ここに説明文を入力ここに説明文を入力ここに説明文を入力ここに説明文を入力ここに説明文を入力ここに説明文を入力ここに説明文を入力ここに説明文を入力ここに説明文を入力ここに説明文を入力ここに説明文を入力ここに説明文を入力

脱毛ラボ

ここに説明文を入力ここに説明文を入力ここに説明文を入力ここに説明文を入力ここに説明文を入力ここに説明文を入力ここに説明文を入力ここに説明文を入力ここに説明文を入力ここに説明文を入力ここに説明文を入力ここに説明文を入力ここに説明文を入力ここに説明文を入力ここに説明文を入力ここに説明文を入力ここに説明文を入力ここに説明文を入力

クリニックのレーザー脱毛ではダメな理由

もみあげの脱毛は、クリニックのレーザー脱毛を利用するという方法もあります。永久脱毛ができるほどの高い脱毛効果を得ることができる方法でもあるので、脇毛などその部位には一本も毛が生えてこないようなしっかりとした脱毛効果を得たいという場合には向いています。しかし、もみあげがなくなってしまう可能性も持っています。

 

レーザー脱毛で永久脱毛が完了してしまえば、もみあげの量が減りすぎて増やしたいと思っても、伸ばしたくても生えてこないことになります。レーザーは効果が高すぎるために自然な薄さを手に入れたい時には向いていません。

 

また、大半のクリニックはもみあげ対象外となっていることも理解しておく必要があります。もみあげは、顔に向かって生えていることから顔脱毛の一部としてとらえられていることもあるのですが、髪の毛の一部でもあることになります。つまり、お客さんの髪の毛を処理するということは美容師免許を持っていなければならないため、グレーゾーンにもなっています。日本の法律に引っかかるような施術を行いたくないというクリニックになれば、もみあげ対象外というのは規則を守って治療が行われていることにもなります。

 

また、もみあげ脱毛を希望している人のもみあげは濃いことが多いので、その分だけ痛みややけど、肌トラブルの危険性を持っています。そのために、リスクを考えてもみあげの脱毛治療は行わないことにしているケースもあります。

自己処理ではもみあげを薄くするのは難しい

VIOラインは、肌が敏感なことから自己処理によってムダ毛の処理をするには注意が必要ですが、もみあげでも顔の一部でもあることから皮膚が薄くてデリケートな部分でもあるので、自分で行ってしまったことによる肌トラブルに悩まされている人も多くいます。

 

自己処理によって脱毛を行うとなると、ワックス脱毛や家庭用光脱毛器を使用するという方法があります。ワックス脱毛では、もみあげの毛とともに肌表面にある角質も一緒に剥がしてしまうことになり、肌への負担が強いことになります。また、家庭用光脱毛器であれば光を照射するだけとなりますが、光の熱によって肌が乾燥してしまうことになり、それによって痛みを発したり赤くなるなどの肌トラブルも発生しがちです。

 

また、もみあげは左右にあることから左右で形を合わせる必要がありますが、形が変になりやすいという難しさも持っています。家庭用脱毛機では、ワンショットである程度の広範囲の毛を脱毛することができますが、耳からの照射する場所を5ミリでも左右でずれてしまうともみあげの長さが非対称にもなってしまいます。また、照射漏れをしてしまえばもみあげの毛が残ってしまうことにもなるので、仕上がりの毛の薄さの面でも非対称になります。

 

どんな方法であっても、自己処理でもみあげを薄くするというのは肌トラブルの危険性があったり失敗しやすいなどとてもリスクが高くなってくるので、しっかりと理解してから行う必要があります。

もみあげの理想の形は「薄く細く」が基本

女性にとって、もみあげが太くて長いとなると男性っぽく見えてしまいがちです。女性らしい横顔を作るにも、もみあげは薄く細くが基本となります。そのために、もみあげの濃さや太さに悩んでもみあげ脱毛を受ける女性も多くいます。

 

もみあげに悩みを抱えているということは、隠そうとしていろいろな髪型に挑戦する勇気もなくなってしまいます。もみあげを隠すようなヘアスタイルを続けていたり、髪の毛が長くてもアップスタイルを楽しむことができないことになりますが、髪の毛をおろしたヘアスタイルであっても風が吹けばもみあげが露出してしまうことになります。いつでももみあげの心配をすることなく過ごすためにも、脱毛は大いに活躍をします。

 

もみあげ脱毛は、自分の好きな毛の量や形を作ることができます。しかし、脱毛を一回受けたからと言ってすぐに思い通りのもみあげを手に入れることはできません。レーザー脱毛となると、効果が高すぎて思っていた以上にもみあげを失ってしまう可能性もあり、永久脱毛ができることからなくしたもみあげの毛は取り戻すことができなくなります。サロンの光脱毛なら、効果が出るのは遅いとしても、急激な変化がないので安心して始めることができます。初めてであっても、スタッフと相談しながら好みの形を作っていくこともでき、光を照射した時の痛みの心配もなく、施術後には肌のケアもしてもらうことができて肌トラブルの心配もなく受けることができます。